映画みなくても死なないよ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【百円の恋】安藤サクラ好きな人が見ないのは頭おかしい(新井浩文も)

安藤サクラがとってもいい!!!
と噂の「百円の恋」観ました。

ブスでデブの引きこもりの32歳。汚く、何のとりえもない一子(イチコ)がダメ男のボクサーとの出会いをきっかけにボクシングに目覚めてゆく……のような話

安藤サクラが魅力的なんだもの。 

OVER30歳実家暮らしの引きこもり、というと「私の事か!??」と、ついつい思ってしまって観ずにはいられない感じになっておりましたが、その醜悪さにかけては「そもそもこの方は人間なんだろうか……」と思わずにはいられないくらい、圧巻のダメさ

この映画で安藤サクラは日本アカデミー賞を受賞したわけですが、まあこの、ダメを突き詰めきってここまでできる人はなかなかいないと思うし、反対に体がシャープにしまってボクシングの実力を付けた一子ちゃんのかっこよさは尋常ではない。

100yen-koi.jp

私もボクシング始めたい!!!と思うレベル。

やらんけども……

安藤サクラ、ほぼ出ずっぱり

安藤サクラはこの映画でほぼすべてのシーンをこなしています。

これは映画では当たり前の用ですが、普通、映画というのは、主人公ではない人によって状況を説明させて成り立つものが多いから、それほど当たり前ではないです。
ごく数回、新井浩文のシーンが混じるくらいでしょうか。それ以外は、全部この安藤サクラの事を描いています。

なので、説明的なシーンがあまりありません。

安藤サクラ演じる一子ちゃんは、一体どうして引きこもりになったのかということが全然描かれていません。新井浩文演じる狩野選手が一子ちゃんをナンパするわけですけど、最初は「なんでこんなイケメンがこんなブスを??」としか思えないわけです。

説明的なシーンがあまりない。
これは、大変よろしい傾向です。

新井浩文演じる狩野のダメさが分かるのは後半

この男がどうしようもなくダメだ、とわかるまでは、普通の観客だったら「なんでこんないい男があんなブスを誘うの!!??無理無理無理あり得ないんですけどーwww」みたいになるはずです。

もうね、そのくらい、新井浩文のかっこよさはマジで半端じゃない

「デブブス引きこもりの女がこんなおいしい目に合うとか死ねwww」くらいに思ってしまっても仕方がないと思います(←NITARI目線)。

できれば抱かれたかった。←

しかしながら、上記したようにこの映画ではあんまり焦って状況の説明というのをしないので、見ていくうちに、この狩野という男がただただ一子を利用していただけの、本格的なカス男であることが分かります。

まあ、それでも顔がイケメンであることだけは否定できないわけですが……

最終的に一子ちゃんは念願かなってボクシングの試合に出ますが、フルボッコされて「一度でいいから勝ちたかった」と泣きます。

で、その試合に狩野も来ているわけですが、んま、この男は最後までカスでしたね(ただしイケメン)

全体的に満足してくれた作品でしたけど

この映画はすべて、「安藤サクラが魅力的」ということで出来上がっている映画だと思います。逆に言えば、それ以外はどうもな、と思うところもありますかね。
というのは、映画の作りが全然普通だからです。

さっきも言ったように、全体的に淡々とした作りで説明的でないことは評価できますが、日本映画においては別段珍しいということでもありません。

濡れ場のシーンとか、今どきいらないんじゃないかなーっていうくらい、日活のにおいがしてきましたしね……

ボクシングを観ている妹とかも、何も言わなければよかったのに、と思います。

コンビニでの様子も、なんかちょっともう少し別の視点がなかったのかな、というか。普通なんですよね。

そういえば、一子ちゃんにボクシングを教えた男のリアリティがすごかったけど、あれは一体何者だったのだろうか。あれ役者だったらかなりすごいぞ。