映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【セッション】ネタバレ感想・こんな先生は嫌だ。

ラ・ラ・ランドがクソつまらなかったことは先ほど書きました。

www.nitari-movies.com


で、繰り返しますがそのあまりのクソさに、「じゃあ、一体『セッション』はどうだったのよ??」と思いまして、wowowで録画しておいたものを観たのです。

 

f:id:nitari-movies:20170418115230j:plain


監督はデイミアン・チャゼルと言って、ラ・ラ・ランドと同じ人です。

デミアン・チャゼル「セッション」あらすじ

名門音楽大学に入学したニーマン(マイルズ・テラー)はフレッチャー(J・K・シモンズ)のバンドにスカウトされる。
ここで成功すれば偉大な音楽家になるという野心は叶ったも同然。
だが、待ち受けていたのは、天才を生み出すことに取りつかれたフレッチャーの常人には理解できない〈完璧〉を求める狂気のレッスンだった。
浴びせられる罵声、仕掛けられる罠…。ニーマンの精神はじりじりと追い詰められていく。

「セッション」ネタバレ&ストーリー

最高のジャズドラマーになるサクセスストーリー?

ニーマンは音楽大学にドラマーとして通っています。夢は有名なジャズドラマーになることらしいです。

まあ、私はジャズの事はよく分からないんですけどね、ジャズにかなり詳しい私の兄に言わせれば、「ジャズを馬鹿にしすぎ」らしいですよ。
これはラ・ラ・ランドにもいえることかも知んないですね~

私自身はこの映画は結構面白かったんですけど、そもそもあんまりジャズに詳しくない人の方が楽しめるみたいね。

 

ニーマンはある日、フレッチャーのバンドにドラマーとして招かれます。

フレッチャーは大学でも最高峰の指揮者なんですね。
だからはじめ、ニーマンは有頂天になったりします

 

しかし、そこからが悪夢のはじまりだった。

 

まるで悪夢のレッスンの集中豪雨!!!

とにかくこのフレッチャーっていうのが徹底的なイカれ野郎で、マジでとんでもないスパルタ教育をするわけです。

もう、これは「スパルタ教育」とかでもないですね。
完全にパワハラです。つーか暴力とか普通にふるいます。

そのすさまじさときたら、あのS・キューブリックの「フルメタル・ジャケット」の教官を彷彿とさせるレベルです。

せっかくこのバンドに入れたというのにニーマンは譜めくり専門で、全く出番なし。

しかしある日、メインドラマーの楽譜をなくすという失態を犯しながら、フレッチャーはメインドラマー自身が楽譜の管理を怠ったとしてニーマンをメインドラマーにつかせます。

 

テンポの正確性こそが命だということらしい

このバンドにはニーマンを含めて3人のドラマーがいるんですけど、「リズムが遅れる」ということで、1小節ごとに交代しながら何十回も叩かせたりするんですよ。

 

ぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐるぐる

 

もう、ずーっとやっているわけです。

しまいにはニーマンは手から血を吹き出しながら叩く。叩きまくる!
そうしてようやくフレッチャーは納得(?)するんです。

 

しかしまあ、こちとらそのリズムがそもそも遅れてるかどうかも全然分からない。

結局正しいリズムが取れたのかどうかも全くの不明。

 

ただただフレッチャーのイカれた指導に( ゚д゚)ポカーン状態です。

でもそれがなんか緊張感があって面白いわけで。

 

あるコンテストの当日、バスが故障して遅刻ギリギリになり、レンタカーで会場までぶっ飛ばすもニーマンは途中で慌てすぎて事故り、血だらけで会場に到着

さすがのフレッチャーも、一瞬「マジかよ(゚д゚lll)」みたいな表情を見せます。

しかしまあ当然というか、ニーマンは事故ってけがをしているので正確にリズムを刻めるわけがありません!

それどころかスティックを落としてしまうわけです。


当然ですよね。生きている事が奇跡くらいですよ。
もう、見た目からしても観客も呆然とするほどの惨憺たる有様なわけです。


それなのにフレッチャーはさすがに鬼の中の鬼。悪魔の中の悪魔。

「とりあえず病院行け」とかでもなくニーマンにかけた言葉は

 

「お前は終わりだ」てゆー

 

 

 

さすがのニーマンぶっちーん

 

ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!

 

フレッチャーにとうとう殴りかかってしまいます。

いいぞ、ニーマン、負けるな、ニーマン!!!

 

全くどうでもいいかもしれませんが私はこのニーマンの顔が好みのタイプなのでめっちゃ楽しかった。

特に血だらけの黒スーツで出てきたときは、心配より先

 

あらー (*´∀`*)ポッ

 

とかなってました!!!

 

f:id:nitari-movies:20170418140546j:plain

Whiplash/セッション は今すぐ見るべし - チルのエイガ・アーカイヴス

 

大学を首になったフレッチャーとの再会

バンドメンバーを自殺に追い込んだということで、フレッチャーは大学をクビになった。←さすがの鬼っぷり

しかし、ニーマンはその頃には既に大学を辞めていたんですね~。
ほんと悪夢の化身のような男だからな、フレッチャーは。

 

ある日、たまたまとあるバーでフレッチャーの演奏に遭遇するニーマン!

フレッチャー、めっちゃ反省して丸くなってる!!まさか!!!??
そして楽しいジャズ談義。

内心、NITARIは内心(ちょっと残念)とか思ったけど、ニーマンと一緒にセッションをすることになった。

 

演奏会当日。


演奏が始まるが、まさかのニーマンだけ違う曲目を知らされていたやつ!!!

 

がーん!!!

陰湿、健在!!!!!

 

いいぞいいぞ!!! いいぞフレッチャー!!

それでこそ生粋の悪魔だ!!
ナチュラル・ボーン・悪魔!!!!

 

しかし愛するジャズをこんな風に自分から汚してゆくとは!!


まさに支離滅裂。

 

いいんです。フレッチャーにモラルはないし、信念とかも、特にないんです。

 

しかし、ニーマンもキレる。

自分で勝手にリズムを叩き始めて、バンドを引き込んじゃうわけです。

 

「えっこんなはずでは(;・∀・)」っていうフレッチャー

 

 

プー!!!!(*≧艸≦)ざまあ!!

フレッチャーざまあ!!!!

 

 

もうこの辺では、私がニーマンを応援しているのかフレッチャーを応援しているのかも不明となっている。

そもそも映画で「応援」とかも変な話だけど。

 

私はニーマンが好みだということだけは確か。

 

でなんか、すっごい盛り上がっていって、結局どんどんドラムに熱が入って加速し、フレッチャーも演奏に入り込み始めて、二人で最高の「セッション」を作り上げる、という話。

 

「セッション」感想。焦点は、ジャズではないのである 

ジャズに詳しい人をムカつかせる映画らしいよ

この映画が賛否分かれる一つの前提として、「ジャズに詳しいかどうか」というのがあります。ジャズに詳し人は、この映画にムカつくらしいww
なんか、滅茶苦茶らしいですね、ジャズ理解。(笑)
私の兄も非常にジャズに詳しいのですが、「ムカついたわ」と言っていました。

で、私は別にジャズには全然詳しくないので、そもそも音楽の妥当性とか全然わかりません。
そんな私が見た上では、「ラ・ラ・ランド」に比べたら遥かに面白かったですよね。


まず、ダサくない。

これ、重要です(笑)


ラ・ラ・ランドは見た目も精神も全部がダサすぎましたからね。

こちらの作品にはそういったところは特に見られませんでした。
ジャズバンドのコンテストっていう考え方微妙だけど、映画の中では自然だったし別にダサくない。

ラ・ラ・ランドの評価で、「この作品には若い人が撮ってしかるべきアグレッシブな表現がない」というようなことを言いましたが、この「セッション」の方は、そのジャズがどうとかは分かりませんが、勢いのある若手が撮ったな、という意欲作のように思えました。

分かりやすい「柱」は描き切っている

とにかく、教師の徹底した暴力性と、ドラムスに憑りつかれてゆく学生のバトル、というシンプルな構図を楽しめました。

突き詰めて考えてしまえば、ジャズの扱い方にしても、そもそも「そんだけ頑張ってコンテスト優勝が目的ってwwwww」「そもそも考えてみると、『ジャズのコンテスト』という考え方そのものはダサいww」とか、色々出て来るんですけど、主役の二人の圧倒的な演技力でその点はカバーしきっています。

ここが「ラ・ラ・ランド」とは違うところで、まあそっちはすべてが中途半端でしたからね。真実が全く描かれていないというか。

こっちはとにかくもうフレッチャーの異常を楽しめ!!!

っていうシンプルな感じがよかったです。

「セッション」のオススメ度は?

それもこれも、主演二人の演技がなえしえた事だと思う。
とにかくこの二人はすごかったね。

J.Kシモンズはもちろんだけど、このドラム役のマイルズ・テラーはほんとにすごかった。かっこいいですね!

ジャズが好きでない人にだったら十分にオススメ!
しかしジャズが好きな人も、とりあえずどんなふうにムカつくのか確かめてみてくださいな(笑)