映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【リドリー・スコット:オデッセイ】実はかなり笑える!!ネタバレ感想

人類による有人火星探査ミッション<アレス3>が、荒れ狂う嵐によって中止に追い込まれた。ミッションに参加した6人のクルーは撤収を余儀なくされるが、そのひとりであるマーク・ワトニーは暴風に吹き飛ばされ、死亡したと判断される。しかしワトニーは奇跡的に生きていた。独りぼっちで火星に取り残され、地球との交信手段もなく、次にNASAが有人機を送り込んでくるのは4年後……。

 Amazon説明文より

 

 

まず、私はどこでうっかりしていたのか、この作品が近未来ではなくて現代を扱ったものだと最後まで誤解していました。

 

だから、「こんなこと今の科学でできるのかー、フィクションながらリアリティがある」とか思っていました。←あほだ

でも、それくらい真に迫ったものがある。


ちなみに、どの辺くらいまでなら今の科学で可能なのか、さっぱりわかりません。

 

だけどこの作品の素晴らしいところは、ユーモアです。
マット・デイモン演じるマーク・ワトニーが、どんなに切望的な状況に置かれても「○ァック!!」とかでめちゃめちゃ切れてるだけでそんなに落ち込まないところがまず面白い。

 

とにかくこのマーク・ワトニーという人が魅力的。

 

特に、マークが生きていると知ったNASAのスタッフたちが「孤独の中、一体どんな心境でいるんだ……」とか心配そうにしている中、火星ではマークが、機長の残した音楽のラインナップがダサすぎて今にも死にそうだと愚痴を垂れているシーンはほんと面白かった。

 

でもこの映画はやっぱり、そうやってポジティブに試行錯誤しながら一人で強く生き抜く前半部分が面白い。
逆に、自分の作った畑が吹っ飛んで、マークひとりではどうにもならなくなってからは、それほどでもなかった。

 

なぜなら、ひとえに私がマークが好きだからだと思う。
そこからはあまりマークが出てこなかったもんで。

 

特に、マークを置き去りにしてきたことで深刻ぶってるチームに関しては全然興味が分からなかった。

反対に、NASAにいる黒人のビンセント・カプーア(キウェテル・イジョフォー)はすごく良かった。


とにかくこんなに絶望的な状況でも笑い飛ばしてやってる感じがすごく面白かったし、見ている側としては次々と発生する問題をどう解決していくのかを見るのがとにかく面白い。
それは全編を通して言えることなんだけど、特にマークが一人でやってゆくところまでが面白かった。

 

人間、頑張り次第では不可能も可能になってゆくんだなーと思った。
↑嘘です(笑)どうにもならないこともあります。


で、映画や小説を書いていきたい人間としては、プロットの作り方としても「問題解決メソッド」としてものすごく楽しめたし、いろんな観点から面白かったです。

 

比較対象としては「アポロ13」「キャスト・アウェイ」になってくるのでしょうか。トム・ハンクスの「キャスト・アウェイ」もなかなかユーモラスな作品でよかったですね。


「アポロ13」も好きな作品です。

 

しかし、「オデッセイ」という映画ができた今や、今後は遭難のも宇宙スケールになってきてしまって、 科学の進歩によってどんどんストーリーテリングのハードルが上がっていますね。


ちなみに、「火星で植物の栽培」ということは実際に科学者たちが挑んでいることですが、この間TEDで科学者がスピーチしていたのは、「火星でもしも植物が栽培できるようになったとしたら、いくら汚染が進んだとしても地球での植物の栽培ができなくなるはずはないのです」と言っていて、確かにな、と思った。
科学の力も多角的に見ると、足元の問題解決のキーになっているのかもしれません。