映画みなくても死なないよ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【エイリアン2】ネタバレ感想、観てない人マジでやばいんだけど。

この大傑作を観ていない愚か者のために、観てない君でも分かるように懇切丁寧&スペクタクルにエイリアン2を解説。

 

 

f:id:nitari-movies:20170419134335j:plain

 

 

 

 

「エイリアン2」あらすじ

 

57年間の冷凍催眠状態から救出されたリプリーは、音信不通となった殖民惑星・lv-426の調査の為、海兵隊員と共に旅立つ。そこでリプリーたちが遭遇したのは、卵を生んで繁殖し続けるエイリアン・クイーンの姿だった……!

 

「エイリアン2」ネタバレ&結末

リプリー、曲者どもとエイリアンの巣窟LVー426へ!!

リプリーは軍隊と合流して音信不通の惑星に向かいます。

このクルーっていうのがかなりの曲者ぞろい。
今は亡きビル・パクストンもお茶目な役割で出演しています(ビルはジェームズ・キャメロン作品にはかなりたくさん出演しています)

一番格好良かったころのマイケル・ビーンもいます。

私はこの「エイリアン2」があまりにも好きすぎて30回以上は軽く見ているので、もうこの隊員の一人一人のキャラクターについてまでも語りたくなってしまうんですが、まあ、この隊員の中で圧倒的な存在感を誇っているとしたら、どう考えてもバスケス上等兵ですね。

 

余りにもすさまじく男らしい女だ。

 

f:id:nitari-movies:20170419134612j:plain

 

「男まさり」なんて言葉は彼女のほかには使ってはいけない。

 

この映画では、リプリーがかなりの男らしさを発揮してスターダムにのし上がってはいるが、そんな彼女に対して「白雪姫」とか言える人は、本当にバスケス以外想像もできない。

まあ、そんなオモシロ軍団と共に植民惑星に行ったリプリーは、やっぱり思った通りに大変な目に会うのです。

娘を亡くしたリプリーが、ニュートを助けるという物語

この映画の最も重要な点は、娘を亡くしたリプリーがニュートという少女を助けるために奮闘する、というところです。

ちょっとさかのぼりますがこの「娘を亡くした」というのもほんとうにえぐい話で、エイリアンから命からがら逃げだしたリプリーが冷凍睡眠してさまよっている間に57年もたっちゃってたらしいです。

その間に娘はばあさんになって死んじゃったんですよね。

これって結構さらっと流されていますが、死ぬほど悲しくないですかorg

 

そういう背景もあって、ニュートという女の子が一人で生き残っていて、彼女を何としても助けよう!という気にもなったわけです。

 

ここで「エイリアン」の繁殖方法を復習

エイリアンは、「クイーン」と呼ばれる女王アリみたいのが卵を産みます。
「クイーン」以外は卵は産めません。

 

で、卵から孵るのは「フェイスハガー」って呼ばれている尻尾のあるカニみたいな、大きな手みたいなやつです。

 

 

 

 

 

f:id:nitari-movies:20170419134852j:plain

Amazon CAPTCHA

 

 

 

この「フェイスハガー」が人の頭にくっついて、直接口の中に卵を産みます。

 

 

 

コワイョ━(((。iдi。))━ッ!!

 

 

 

で、フェイスハガーの役割は終わり(この後どうなるんだろ??死ぬのかな?)

 

で、卵を産み付けられた人間はそれからしばらくは普通の状態で生活できるんですけど、機が熟すとお腹からブワー!ってエイリアンが誕生します。

 

最初の形態は「チェストバスター」とかいいます。まんまですね。

 

 

 

f:id:nitari-movies:20170419135018j:plain

Amazon CAPTCHA

 

手を見てみてよ。本当にかわいらしい。

 

生態系は働きアリとか女王アリがモデルになってるんですかね??
その辺までは詳しく分かりません。

 

 

ここまでの情報でよ~く分かるのは、いかにこれを考えた人間がドSの変態野郎かってことだけです。

 

さて。映画の話に戻りましょう。

 

エイリアン vs リプリーの奮闘

 

隊員たちが捜索してゆくと、まだコロニーの住民たちが生きている!ということが分かる。

しかしながら生命反応のあるところに行くと、彼らは既に繭化されていて、後はエイリアンの誕生を待つのみになっていたんです。

で、当然と言えば当然なんですが、その辺はエイリアンの巣窟。

ついに隊員たちは、そこで初めてエイリアンの脅威を目の当たりにするっていうわけです。

 

リプリーはこの星を空爆して殺さないとやばいっていうんですけど、バークっていうクソ野郎が「そんなことはできない! サンプルをもって帰りたいよぼくちゃん」とかぬかしやがる。

 

 

f:id:nitari-movies:20170419135319p:plain

http://moteradi.com/20150329a

 

そうこうしているうちに船が襲撃されてぶっ壊れちゃうんですね。

これはもう本気のピンチ。絶体絶命っていうやつです。
残る方法は遠隔操作で直接母船を呼び寄せるしかない。
しかし通信施設はかなり離れているわけです。

 

そこでアンドロイド・ビショップの登場!!

 

ビショップがパイプの中を通って通信施設に行くんだけど、このパイプっていうのが人ひとり徹よりちょっと狭いくらいの鬼狭のパイプなんですよ。怖い。怖すぎる。

そしたらビショップが言う。

 

「私にも恐怖心はあるからな」

 

 

え、マジで? アンドロイドなのに?? 
すごくね??

 

しかし恐怖心があるのにそんな危険な任務を任されるのであった。

 

さて、残された隊員たちは武器を集めたり対策を練っているわけだけど、そんな中リプリーはニュートと一緒に仮眠をとることに。

 

しかし!!

 

その部屋の中になぜかフェイスハガーが発生。
命からがら助かるんですが、これは「策略だ!」ということが分かるわけです。

 

それを仕組んだのは、あの糞バーク!!!

 

 

f:id:nitari-movies:20170419135319p:plain

 

 

 

糞バークは、リプリーさえいなければエイリアンのサンプルを会社にもって帰れるからと、リプリー暗殺を企てたわけです。

こういうクソキャラは、70~80年代のアクション映画に多かったな。

 

まあ、糞バークの事を言えば、そのあと大量にエイリアンが攻めてきたときに自分ひとりだけ助かろうとして逆に殺されてた。

 

さて、そんなこんなで一人また一人とエイリアン達に殺されてゆくわけだけど、その辺は別にストーリーとかないんで飛ばします。とにかく面白いということだけは念頭に置いておいてください。

あ、さっきのバスケスなんですけど、彼女はエイリアンを目前に弾を切らしてしまい、自爆をするわけですが、それもまたものすごくかっこいいのであります。

 

ニュートを助けるために地下に潜ってクイーンと遭遇!

 

ようやく母船が戻ってこれそうで逃げ出せそうなところで、なんとニュートとリプリーははぐれてしまう!OMG!!

しかしニュートはすぐには殺されずに、連れ去られてしまうんですね。

リプリーはもちろんあきらめない!!
ニュートは生きてるから助ける!というわけです。

 

あ、言い忘れてたけど惑星には時限爆弾を設置したので、時間があまりないんです。

 

ニュートに渡した発信機をもとに、地下に降りてゆくリプリー。

エレベーターの中で銃器の準備をするシーンくらい、心がわくわくしたり慌てたり興奮できるシーンはなかなかありませんね!!!死ぬほどさいこうです。

 

さて、地下に降り立ったリプリーは、ついに「クイーン」と対峙します。

 

f:id:nitari-movies:20170419141906j:plain

エイリアン・クイーン

 

クイーンは、まあ正直別に強くはないんです。
身重なので、別に強くないです。

「ハンター×ハンター」の女王と同じですね。
(ハンターハンターがパクリなんだけど)

 

で、ニュートを無事見つけたリプリーはクイーンの前にある卵にブワーっと火を放ってそこから逃げる。

この時のクイーンの叫びは、種別に関わらず子を亡くす母のような痛ましさがあってなかなか悲しいです。クイーンやエイリアン達は何も悪いことしてないですからね……

 

さて、いざ帰ろうと思って戻ると、飛行機がない!!!

やはりビショップは、アンドロイドは自分たちを裏切るのだ!!ガッデム!!


リプリーはニュートを抱いたまま怒ります。

しかもクイーンのやつが、な、なんとエレベーターに乗って追ってきてしまうんですね!!

ガッデム!!!!
クイーン頭いい!!!

 

 

 

その時だった!!!!

 

 

ビショップが飛行機に乗って帰ってきた!!
まじか!!!やっぱいいやつだった。

 

命からがら逃げだしたリプリーとニュート!

 

 

ビショップ「足場が悪かったから飛んでたんだ」とかいう。
ビショップ、ありがとう!!
ビショップ、アンドロイドだからって嫌ってゴメン!!!

 

それからようやく母船に帰った2人と1体。

ああこれで安心、と思ったのも束の間。

 

ビショップが腹からグッサーされて、ぶっちーんされてしまった。

 

 

は? 

 

いやいやいやなんでなんでなんでと思ったら、まさかのクイーン再登場

 

f:id:nitari-movies:20170419141906j:plain

 

え??いやいやいやどうして?どこにいたの?なんで???船のどこに??

 

それは未だに不明だ!!!

 

 

しかしとにかくもう目の前には真っ二つにぶっちぎれたビショップと、クイーンがいるんだから仕方ないよね。とにかく何とかしないとね。

 

ということで、リプリーはパワーローダーに乗るわけです。

 

f:id:nitari-movies:20170419140244j:plain

『エイリアン2』の制作マル秘エピソードを徹底紹介! - 1年で365本ひたすら映画を観まくる日記

 

 

 

「彼女から離れな!! ビッチ!!!」

 

 

来たああああ名言きたああああ



つよー!!!

つよー!!!!!

リプリーつよーーーーーー!!!

 

で、バーンって宇宙にエイリアンを投げ出して、一件落着というわけだ。

 

あー面白かった。

だんだん字が大きくなってしまうほど面白かったよ。

 

エイリアンシリーズの中では私は2が一番好きである

 

評価としてはもちろん「エイリアン」がかなり高いのは分かります。

「エイリアン」はホラー。
「エイリアン2」はアクション。

という見方が一般的ですね。

もちろん私も「エイリアン」も大好きです。

しかしながら、「エイリアン」はとにかくすごい怖いとはいえ、作りはめっちゃシンプルなんですね。
まあコテコテのSFホラーって感じでひねりは特にありません。

「エイリアン」をすでに熟知している我々にとっては、余りにも面白いから何度も見たいということもないような気がします。

もちろん歴史的な作品であることは間違いがありません。

 

それにしても、エイリアン2ではアンドロイドのビショップと、ニュートと、後ひとりマイケル・ビーンが演じたヒックスが逃げ切るわけですけど、3では始まったときにすでにもうニュートとヒックスが死んでいるというまさかの設定。

 

「2はなんだったんだ」感が半端ない。

 

しかし、私はそういう空気読めない感じも好きですよ。

そして3も好きです。

 

余りにも魅力的なエイリアン2グッズ

 

さて、そんな感じで記事を書いてきましたけど、これを書くに至っていろいろ調べていた中で、余りにも魅力的過ぎて今すぐほしいグッズとかが出てきてしまってどうしようもない感情をかかえています。

まずはこれ。

  

 

これは2に出てきたフェイスハガーのホルマリンサンプルみたいなやつですね。

 


欲しいあまりにも欲しい欲しい欲しすぎる。

 

 

4000円は決して高くない。
しかしニートの私には安くない。

誰か勝ってください。

 

それから、昔から存在は知っていたパワーローダーのフィギュア

 

こちらは値段が高いので、「欲しい!」とかまではならないのでよかったけどね。

 

とにかくエイリアンシリーズが大好きなので、エイリアンをデザインしたギーガーの資料本とかも、実はものすごく欲しいんですね。高いんですけど。

 

まあとにかく、何につけても私はオタクですから、何もエイリアンだけこんな風になんでも欲しがるわけじゃなくてですね、最近だとシンゴジラとか、バックトゥザフューチャーとかロードオブザリングとかホビットシリーズとか、そもそもスピルバーグとかタランティーノに命を懸けているわけですのでお金なんかいくらあっても……

 

「エイリアン2」おすすめ度は?

 

は?

何言ってんの?( ゚д゚)ポカーン

 

って感じ。

もう、未だにみてないというだけで処刑したい。
どうしても殺さないでくれという人がいるんだったら1秒以内に見始めること。

絶対条件です。