映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【そして誰もいなくなった】ネタバレ感想、原作とドラマ版との違いは?

3/25,26日にテレビ朝日で放送された、「そして誰もいなくなった」を観ました。

原作も読んだので、比較して検証。

 

f:id:nitari-movies:20170403212126j:plain

二夜連続ドラマスペシャル アガサ・クリスティ そして誰もいなくなった|テレビ朝日

 

ドラマ「そして誰もいなくなった」原作とドラマの違いは

「そして誰もいなくなる」ところまではかなり原作に忠実な作り

島にもともといた2人の執事と8人の招待客が全員死んでしまう、という話ですが、クリスティの原作はもちろん舞台がイギリスで、このドラマではすべてが現代の日本に置き換えられています

今と昔とで一番違うのが「携帯電話」の存在ですが、こちらはまず初めに執事に没収されてしまいます。なのでその点はクリア。

そのほか、当時のイギリスでは普通の職業だっただろうな、という職業(元軍人)とかも、別の職業にうまく置き換えられていました。原作では特に職業に言及のなかったキャラクターも、元有名女優や元プロボクサーになっていました。

別に不自然なところはなかったです。

そして死に方に関してもほとんどが原作通り。
演出がやや平坦で、特にいつもなりっぱなしの音楽がうるせえなあと思ったりもしましたけど、ものすごいB級で見てられないということもありません(途中ちょっと寝たけど)。

それよりも何よりも、一番はじめに、このドラマの出演者で唯一のイケメン向井理が死んでしまうのはちょっとショックと言わざるを得ないでしょう。(あとはほぼオッサン)

内心、「まじかwwww」と思ったのは曲げようのない事実です。

原作の、ヴェラ(仲間由紀恵演じる白峰亮)は、愛する人のために子供を溺死させたことで良心の呵責を覚え、事件が進むうちに増す罪悪感から最後、自ら死を選ぶという役どころなんですけど、ここの描き方はほんとよくできてたと思います。

とにかく仲間由紀恵かなりやばい感じ出てた。演出も良かったけど、とにかく仲間の演技がすごく良かった。

最も違うところは、謎の解明をする第2部

原作には第2部なんかなかったですからね。

原作では全員死んだ後に、犯人による自白文が残っていたということになっています。もちろん、その方が話としてはすっきりするんですけど、まあドラマ版のこの謎の解明部分も、めちゃくちゃ無駄に長かった事以外はそれほど悪いというわけではありません。

原作にはないトリックをきちんと仕掛けてきてたり、ドローンで4日に1度しか新聞が届けられないとか、結構面白いところもありました。

まあでももっと短くしてくれるともっと嬉しい。

そしてこの謎を解明しようとする二人の刑事はコテコテすぎてどうかと思った。別にあーゆーのはいらない。

渡瀬恒彦の遺作

この作品は渡瀬恒彦の遺作でしたが、最後の作品としてはすごくインパクトがあったなあと思います。作品が、というよりは渡瀬恒彦の役がですね。

最も重要な役でしたよね。

最後に告白する映像は長すぎてどうしようかと思ったけど、それでもいいキャスティングだったなと思うし、結構元気そうに見えるのに残念だなと思いました。

www.nitari-movies.com

アガサ・クリスティーの小説は本当に面白い

推理小説はぼちぼち昔から読まないわけではないですが、数ある作家の中で最も好きなのは(当たり前と言えばそうだけど)クリスティーです。中学の頃から読んでいます。

アガサ・クリスティーの作品は本当に自由で驚かされるものが多い。この「そして誰もいなくなった」なんか最たる例です。

探偵小説ってどれもオシャレにできている(特に、探偵がとてもユニークなキャラであることが多い)んだけど、私は案外その「探偵のキャラ」が立っているものほどあまり興味が沸かないというのはあります。

ただ、ポワロホームズだけは好きですね。たぶん、刷り込みっていうか、私が単に昔から好きで読んでたからだと思いますが。

最近の推理小説でも必ず●●探偵シリーズみたいのがありますが、狙って作ってる感があって好きじゃないです。ふつうの人でいいと思うんだけどね。

 

ドラマ「そして誰もいなくなった」オススメ度

 

やっぱりドラマ版よりも当然だけど小説版を読むべき。

そのうえで気になる場合に観たらいいんじゃないでしょうか。