映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

イタリア旅行前夜に起こった、大変な出来事……

Ciao!!

私は今、ローマに来ています。
昨日の夜に到着しまして、今は午前10時です。

前回の記事

 

から今日までで、もうほんっとうにいろんなことが起こりました!!!

ということでまずは、旅行前夜に起こったことからお伝えしましょう。

 

旅行前夜にそのメールは届いた……

突然、イタリア語で書かれた謎の長文メッセージが……

 

前回のメールを書いたのが旅行前夜の21時になっています。

そのあと私は、旅行へ行くための荷物の最終チェックや、持っていく音楽のアップロードをしたり、まあ基本的には楽しみ!というよりは割とナーバスな感じになっていました。

(余談ですが一人旅経験は多いほうですけど、必ず行く前になぜかナーバスになります

 

「さあ、明日も早いし(4時起き)そろそろ寝よう!」と思ったときに携帯のバイブが鳴った!メッセージが届いていたんですね。

それは、明日からお世話になるホストの女性からのメッセージ。

開いてみた。

 

f:id:nitari-movies:20170608175005p:plain

 

 

読めない……

 

 

まあそれは当たり前で、私が利用しているのはAirbnbという、世界中のアパートを貸し借りできるサービスなんですけど、基本的にメッセージはゲスト(この場合は私ね)とホスト(マルゲリータさん)とで直接しなきゃいけないんですね。

 

Airbnbのサイト↓


私がのサイトを利用するのは初めてですけど、かなり使いやすいので後でその件は詳しくお知らせします。

予約してからはホストとコミュニケーションをとるのは、現地の言葉か英語がほとんどになります。なので今回も、行く前にどうやってカギを受け渡しするかーとか、そういう確認はとってたんですけど、向こうはイタリア語だったのですね。

Googleの翻訳を使いました。

イタリア語→日本語だと、基本何を言っているのかさっぱりわからない翻訳になるので、イタリア語→英語で自動翻訳して読んでました。

 

タイトルかなり煽ったけど、だからまあ何かあった時にイタリア語のメールが来るのは当然なわけ(笑)

 

肝心のメールの衝撃の事実とは?

 

ここからは本当に衝撃を受けたことです(笑)

 

f:id:nitari-movies:20170608175306j:plain

 

彼女がいうには、

 

 

「大変なことが起こりました!!

今日、夫にお貸しする部屋の様子を確認しに行ってもらったところ、なんとバスルームの天井が完全に濡れてしまった状態なの!!本当にごめんなさい!!!!

何が起こってるのかさっぱり全然わからナーイ
いずれにしてもこのままじゃどうにもならないから修復しないといけなくて、そうなるとあなたが滞在中に業者に来てもらうことになると思う

キャンセルしてもらってもいいし、どうする?」

 

 

 

 

f:id:nitari-movies:20170608175954j:plain

 

 

……どうするといわれましても……

 

(ちなみに、上記の翻訳は脚色ありの意訳で、実際はかなり丁寧に謝ってくれていました

 

これはかなりやばいぞ。

 

ということ以外ははっきり言ってなんとも……

 

慌てて私はとにかくほかに明日から部屋を貸してもらえる場所を探し始めた。

しかしさー、1か月も滞在する宿をこのタイミングで探すのは正直かなり厳しいよ。
一番あり得るやり方としては、とにかく2,3日だけでもホテルを取って、その間に別の宿を探すってことですよね。

そんなこんなで大慌てでBooking.comとかを漁っていますと、例の「完全に濡れた天井」の写真が。

 

 

 

f:id:nitari-movies:20170608173625p:plain

 

 

……なにこれ意味わからない……

 

 

私も結構頻繁に欧州とか行くし、トラブル(特に水回り系)が多いのはわかりきっていたんだけど、よくあるのはお湯が出ないだの水が漏れるだのってことで、まあ業者が来ればおおむね解決できそうなことばっかりなんだよね。

でもこれはちょっと意味わからないし不安しかない……(; ̄Д ̄)

 

いろいろ調べたんですけど、結局夜中の3時とかになってしまって、まあ4時に起きなきゃいけないんで私からはホストには「とりあえず明日行きます」とだけメール。

 

 

不安しかないやつだこれwwwww

 

ホストからの、とりあえずベストな提案が。

 

翌朝家を出るとまたホストから連絡があって、

 

「これはどうでしょう。

この部屋、天井の問題以外は全く問題がありません。シャワーも使えます。なのでとりあえず3日間無料でここにいてもらって、その間にここにひと月滞在するか、それとも別の部屋を探すか決めませんか? もしも別の部屋にする場合、全額返金します。この部屋を使うと決めた場合は200ユーロお返しします

 

これは素晴らしくいいアイディア!!

ということで不安の残る中、ローマへ出発しましたとさ。

 

しかし当の部屋に行くまでにまだまだドラマは待っていたのだった……

 

つづく(2017.6.6)

続きはこちら↓