映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

超細密な彫刻が残るローマ遺跡【アラ・パキス】と一杯のカプチーノ

夜中に大変な目に合って、掃除機を逆さにして吸った話 - 映画みなくても死なないよ。

そんなわけで昨日の夜は結構てんやわんやだったんですけど、気を取り直して朝は割と早くから行動。

 

今日はアラ・パキスというローマ遺跡を見に行くことにしていました。

 

超細密な彫刻が近くで観れる美しい祭壇「アラ・パキス」

平和の祭壇としてアウグストゥスによって建てられた建築物

 

アパートからトラムでポポロ広場に出て、そこから徒歩で向かいます。

時間をあまり気にしていなかったんだけど、9時半からで私が着いたのはちょっと早く。

 

f:id:nitari-movies:20170615224336j:plain

 

かなり近代的な建物の中に入ってるんだけど、それだけでもすごくなんかかっこいい。
リチャード・メイヤーという建築家が建てたらしいんですけど、素晴らしいです。

 

暑いので日陰で待ってました。

修学旅行みたいな高校生の団体もいたんだけど、ドイツ語っぽかった。

でも私が入った時は割と見やすくて、写真を撮るのにも絶好のチャ~ンスと思ったんだけど、

 

f:id:nitari-movies:20170615224257j:plain

 

めっちゃこっち見てる係員のおばちゃんがシャッターチャンスを奪いに来やがった。

 

ちなみにあの人は別にあそこにいなきゃいけない人じゃなくて、あの後どっかいってました。

 

でも非常に運がよく、きれいに撮影できましたよ。

 

f:id:nitari-movies:20170615224613j:plain

 

朝早く行ってよかったです。

 

平和の祭壇アラ・パキスはかの有名なアウグストゥス(ローマ帝国を統一したデキ男)市民戦争の終結を記念して建てた祭壇だそうです。

 

f:id:nitari-movies:20170615224701j:plain

 

こんな細密な彫刻がよく残ってますねえ~

紀元前9年だってよ。

 

f:id:nitari-movies:20170615224756j:plain

 

当時の様子を再現したジオラマ。

左手に見える丸いのがパンテオンで、直線でつながれている丸い建物がアウグストゥスの廟で、一番中心に立ってる見たいのの4時の方向にあるのが、このアラ・パキスだそうです。

 

実は今はこの祭壇は、写真でいうと右側の木が生えている丸いアウグストゥスの廟の隣に移設されています。

ムッソリーニの時代に移設したんだって。

 

f:id:nitari-movies:20170615225227j:plain

 

「アラ・パキス」はすごく美しかったです。

建物の中に入っている写真を見た限りでは、閉塞感がありそうで微妙かなと思ってたんですけど、この建物とすごくきれいに溶け合っていて迫力がありました。

 

ちなみに、側面のこの彫刻の

 

f:id:nitari-movies:20170615225446j:plain

 

丸く囲ったのがアウグルトゥスらしいです。

 

ほんとかよ~って感じですよね。

 

どこがあ?みたいな(←ひどい笑)

こういう彫刻とか絵画の、「これは誰々だ」みたいのってなんで分かるんですかね。

 

ちなみにこの廟にはたくさんの彫刻が彫られていますけど、建国以前にまでさかのぼったユリウス一族が勢ぞろいしているらしいよ。

 

ちなみに、この隣にある「アウグストゥスの廟」というのも私は非常に期待してたんですが、修復中だったんで全部見れないかなーと少しがっかりだったんですね。

でも、正面から何とか見ることができました。

 

f:id:nitari-movies:20170615225752j:plain

 

この建物も事前に写真で見た限りではちょっとした古墳くらいの大きさ(8メートルくらい?)なのかと思ってたんですけど、すごい巨大でめちゃくちゃかっこよかったです。

あの、入り口の下のほうに赤く粒みたいの描いたんですけど、大体アレが人の大きさです。

大きいでしょ?

 

ブランド街に用事がないのに、ブラブラ散歩。

 

さて、意外と早く用事が住んでしまったので、せっかくなのでスペイン階段のほうまでぶらぶらすることに。

スペイン階段といえば、「ローマの休日」でオードリーがジェラートを食べた階段です。

 

f:id:nitari-movies:20170615230348j:plain

 

この映画はやはりローマの方々にも人気があるのだろうか?

たまたまやってた。

 

このスペイン階段が、こちらです!!

 

 

 

 

f:id:nitari-movies:20170615230520j:plain

 

 

あのぉ~奥にあるんですけどね(笑)

別に近くに行くことはないかなーと思って撮らなかったんですが、それにしてももう少し何かしらの写真を撮ればよかったですね。

 

ゴミとか絶望中の女性とか映ってますけど、この通りはローマで最も高級なブティックとかが並んでいる超有名な通りです。

もう、ディオールとかD&Gとかエルメスとかフェラガモとかヴィトンとか、イタリアのブランドにかかわらずあらゆるブランドが軒を連ねているわけ。

 

まあ、要するに私には無関係の通りってわけよ。

 

(勤務するという意味では関係があるが 笑)

 

あ、今適当に言ったけどこの付近の2~3通りがブランド街なので、全部がこの通りにだけ集中しているわけではないと思います。

 

さて、ぶらぶら歩いているとなんかちょっとおなかもすいてきたし喉も乾いてきました。

考えてみるとこっちに来てからまだ一度もカフェに入ってないんですね。

ということで入ってみることにしたんですが。

 

イタリアのカプチーノはとにかくおいしい!!

 

カフェの注文の仕方が微妙によくわからなかったですねえ。

イタリアは日本みたいに「並ぶ」という感覚がないので、とりあえずカウンターの周りに人だかりができてるんですね。

これが結構難しい。入りづらい。

まあ、人がいればいるほどおいしいってことなんですけど。

 

で、あるカフェに思い切って入りましたら、私服の女の子が「Hello!!」って言ってきて、「え、なになにこの子なんで私に話しかけてるの?」と思ったら店員さんだった(笑)。

エプロンとかしようよww

 

その子は英語担当らしくって、テーブル席を進めてくれて、ゆっくり座ってカプチーノとクロワッサンを注文。

クッキーもつけてくれました。

 

f:id:nitari-movies:20170615231531j:plain

 

しかしイタリアのカプチーノはなんでこんなにうまいのだろうか?

 

っつーか、その中でもこの店はかなり群を抜いている気が。
母がイタリアのカプチーノが好きなので、ここに連れてきたい。

ミルクの泡がものすごくもっちりしてるんですね。これはすごい。

 

イタリアではクロワッサン(コルネット)は大体クリームとかチョコが入ってるらしいです。

私はプレーンがよかったんだけど、クリームとチョコと杏子ジャムしかないっていうので、クリームに。

だけどこのクリームがまた、レモン風味がきいててさっぱりしてるんだよなあ!!

 

クッキーもおいしかったし、やはし混んでるということはかなり評判のお店だったのでしょう。

 

f:id:nitari-movies:20170615231840j:plain

 

店内の様子。

すごい速さで動きつつカメラ目線なのが、英語担当の店員さんです。

 

おなかも膨れて(実は朝ご飯もちゃんとクロワッサン食べたんですけどね)、さあ帰ろうか、とブラブラとアパートのほうへ向かったときに、その店に遭遇したのだった。。

 

つづく(2017.6.15)

続きはこちら↓

www.nitari-movies.com