映画みなくても死なないよ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

旅行が大好き、NITARIの訪れた国の話

ここでちょっと趣を変えて、NITARIがこれまでに行ってきた旅の話をしたいと思います。

私は非常に旅が好きで、これまでに結構たくさんの国を訪れてるんですね。
その多くが一人旅でした。

このブログは元々映画評論に特化したものの予定で、他の話題に関しては別のブログにしようかと思ってたんですけど、それもなんだか負担だなということで、とりあえずしばらくは旅行や、もっといろんなことを自由に書こうと思っています。

今後もし記事が溜まってきて、趣旨のはっきりしたブログを別に作りたくなったらそうします。

この記事では今まで訪れた国のルートをざっくりと記録して、今後旅行記的なものをまとめたいと思います。

 

 

NITARIの旅の記録

 

そもそもの、旅の目的は?

 

人にはいろんな旅の目的ってあるんだと思うんですけど、私の場合はそれが美術館巡りっていうことは非常に大きいです。

両親が美術好きの影響で私も小さい頃から絵が好きで、美術館にもたくさん行っていました。

ヨーロッパにはたくさんの美術館がありますから、そういうわけで現在のところ、行ったところはかなりヨーロッパに集約されています。

今後はもっと幅広い国を訪れたいと思います。

 

旅の記録① アメリカ合衆国(カリフォルニア)

 

カリフォルニアに行ったのは小4くらいの時です。
学校行事で2学年全員で行ったのですよ。珍しい学校だよね。

「全員」って言ったって、過疎の村だったんで2、30人くらいですがね。

カリフォルニア州のメンドシーノ村というところに行きました。

 

旅の記録② イギリス(ロンドン&近郊)

 

高校の時に実習でいきました。

何の実習かというと、私は英語科だったんで英語の実習です。ロンドンの観光をして、近郊の町でホームステイをしたんです。

と言っても1週間くらいだったんだけど。

ロンドンでわずかに自由行動があって、私は一人で映画の博物館に行こうとしたんです。でも迷ってしまって、結局違う美術館に行きました。

そこではゴヤのデッサンがたくさん見れて、それはそれですごく面白かったですね。
私の一人旅意欲がここで生まれたと言っても過言ではありません。

 

旅の記録③ スペイン(マドリッド、グラナダ、セビージャ)

 

母と二人でスペインに行きました。
昔からスペインはサッカーとかが好きで憧れていました。この時は急に安いツアーが見つかったんで行ったんですよね。

食べ物もおいしくてすごく楽しかったですね。

あと、セビージャとマドリッドでサッカーも見ました。

 

旅の記録④ フランス

 

リヨン→ニース→モナコ→アヴィニョン→アルル→パリ

 

はじめての一人旅でした。一人旅にしては3週間くらいかけてフランスを一周して結構大変だった記憶があります。

この時から、ほとんど旅の目的は美術館でした。

 

アルバムを引っ張り出したら、アルルのローマ遺跡がかなり写真に収められていて興奮。その頃からローマ遺跡に興味はあったらしい。

 

f:id:nitari-movies:20170510112138j:plain

 

ローマ遺跡を見たくてアルルに行ったということはあります。

 

パリではアパートを借りて1週間くらい滞在しました。

かなりたくさんの美術館に行った記憶があります。

 

旅の記録⑤ パリ(二度目)

 

この次の年か何かに、またパリを訪れています。

この時は確か中4日くらいしかなかったんですけど、10か所くらい美術館や博物館を回りまくったんですよね。

かなり疲れました。

 

このころは本当にパリに魅せられていて、パリで暮らしたいと思ってました。

 

旅の記録⑥ オーストリア、ポーランド、チェコ

 

ウィーン→クラクフ→チェコに行きました。

 

この旅は今思い出してもなかなか過酷でしたね。

というのが、寒い冬に行ったんですけど、とにかくどこも雪深かったということ。
で、都市間を列車で旅したんだけど、乗車時間があまりにも長くて苦痛、さらにコンパートメント式になっているので足も延ばせず、死にそうだった。

しかしながらこの旅行では、それまでに感じたことのなかった衝撃的なものもいろいろ目にしました。

 

まずはウィーンの美術史美術館でブリューゲルに出会ったこと。

ブリューゲルはもちろん昔から知っていたけど、ウィーンは作品が最も多く所蔵されていて一つの部屋に全部集約されてるんですね。それが本当に圧巻だった。

 

f:id:nitari-movies:20170510112905j:plain

 

建物も美しかった。

ウィーンは皆さん親切だし見どころが一か所に集約されているので、かなり観光しやすいと思います。すごくオススメです。

 

クラクフに行った理由はアウシュヴィッツを見てみたかったからです。

クラクフから電車に乗っていくんだけど、それも結構大変だったな。でもすごく勉強になりました。

 

f:id:nitari-movies:20170510113130j:plain

 

まあ、ちょっと……というかかなり寒くて大変だったんだけどもさ。

あと、人もあんまりいなくて絶妙に怖かった。

 

チェコも凄くきれいでよかった。

チェコではプラハからチェスキー・クルムロフという世界遺産の街に行ったんですけど、街は素晴らしいんだけどやっぱり電車乗り継ぎで大変なんですよね。

 

この時は8日間という短い旅行だったけどやっぱり楽しかったです。

 

旅の記録⑦ ドイツ、ベルギー、アムステルダム

 

ベルリン→ドレスデン→ミュンヘン→フランクフルト→ブリュッセル→アントワープ→アムステルダムに行きました。

 

元々私は現代美術っていうのがなかなか難しかったんですけど(まあ今でも難しいんですけど)、この旅行でようやく現代美術っていうのが宇宙語ではなくなったかなと思っています(笑)。

色んな国を訪れましたけど、最も美術館が充実しているのは実はドイツではないでしょうか?

古今東西の美術館が溢れているし、入場料がとにかく安いんですよ。

ミュンヘンには非常に大きな美術館が3つあるんですけど、たまたまですけど私は日曜に行ってそれらが全部、たったの1ユーロ(100円ちょっと)で入場できました。信じられないことです。

他の美術館もほとんどが1000円以下で素晴らしいとしか。

作品が充実しているのも、多分経済状況がヨーロッパでも最も良い国の一つだからでしょう。(ナチス時代にかき集めたものもあるとは思うけど)

 

f:id:nitari-movies:20170510114444j:plain

クリスマスマーケットが始まった日でした。

 

ブリュッセルも見どころは多かったですけど、一つの都市の見どころとしてはアムステルダムはかなりの物でした。やはりかなりたくさんの美術館があって充実していたね。

1つの都市が持つ美術館の充実度としては、かなりトップクラスだと思います。

 

しかしながら問題は、入場料の高さ

これも多分、ヨーロッパ屈指ではないかと思います。
2~3千円した記憶があります。

パスも買ったけど7000円くらいした気がする。とにかく信じられないくらい高かった。

でもアムスも凄く面白かったなー。

 

旅の記録⑧ イタリア

 

ミラノ→ヴェネツィア→フィレンツェ→ローマ

 

母とツアーで行きました。

久々のツアーだったんで結構大変だったけどね(笑)

 

イタリアにはもともと実はあんまり興味がなかったんですよ。

近現代の美術館があまりないもんで。
美術の宝庫ではあったけど、やっぱりルネサンスですからね。

 

どの街も面白かったんですけど、余りにもローマが凄すぎて、もうローマに夢中になってしまったとはこのことです。

 

f:id:nitari-movies:20170510114836j:plain

 

とにかく素晴らしいのはフォロ・ロマーノです。

ローマの古代遺跡です。

 

実は昔から興味があった遺跡ですけど、実際ローマに行くと全然違うんだな。

本当に面白いです。

 

ルネサンスにも興味が沸きました。

 

その他の旅の記録 香港、マカオ

 

香港へは家族で行きました。

香港、人が多くてめちゃくちゃ大変だったけどかなり面白い国だった。

 

f:id:nitari-movies:20170510115151j:plain

 

その他の旅 韓国

 

韓国へは一人やいろいろ含めて10回行きました。

食べ物がおいしくてめちゃくちゃ楽しいです。
今さら私がオススメするような国ではないですけど(当たり前すぎて 笑)おすすめですよ!!

 

f:id:nitari-movies:20170510115431j:plain

 

NITARIの旅行感。これからどうするか?

 

最近すごく思うんですけど、私は世の中のことだったらなんでも知りたいんです。

今は世界中のニュースがネットでみれるし、名著って呼ばれる本はなんでも自宅で読めるでしょ。

でも、美術品だけはその場に行ってみなきゃいけないし、国や街の事も行かないと分からないですよね。

 

最近よく、自分て何がしたいんだろう?と思うことがあって。

というのが、ニートみたいなことしてふらふらしてますけど、別にニートとか人に呼ばれなくて普通の人よりよっぽど忙しいし、時間を無駄にしないように常に勉強してるんですよ。

 

それでも全然お金とかは稼げてない状況でしょ?

それって何だろうなーって思ってたんです。

 

私は多分、誰かに認められたいという気持ちがすごく強いんですね。だから手を変え品を変え、漫画を描いてみたり、脚本やったり、小説を書いては失敗してるんですよね。

でも多分、「一生そんなことをやっても絶対に認められないよ」って神さま的な人に約束されたら、もうやらなくなると思うんです。何かを表現すること。

まあ、多分、ですけどね。

ブログも、絶対に成功できないよって言われたら多分辞めます。

 

勉強もしなくなるかも?知れないし、映画も見なくなるかも知れないし本も読まなくなるかも?(完全に0ではなくても今ほどには)

 

でも、絶対にお金にならないよ、と言われても旅だけはしちゃうと思うんですよね~。

 

つーか、今までがそうだったから(笑)

 

一切お金にならないどころか湯水のように流れてゆくのに、行き続けていますからね。美術館も行き続けてるし。

それって、結局私の一番したいことなんだなーと思います。

 

この間、祖父と話をしていて、祖父が「行きたい国あったりもしたけど、結局見ずに終わったな~」とか言って笑ってたんですよ。

 

それを聞いて、笑い事じゃなくね??( ゚д゚)ポカーン

と思いました。

 

だって、それって見たいものがあったのに見ずに死んでくんでしょ?
終わりじゃないですか世界の。

 

もちろん、祖父には祖父の価値観があって、ずっと働いてきて、祖母と暮らして楽しい人生だったのだろうし、別にそれほど世界を見たかったわけでもないのは分かります(ほんとに別にそれほど旅行が好きな人ではないので)。

逆に今の私の生活を見て、恋愛も結婚も出産もしないで死ぬなんて本当にもったいないと思う人もいると思うし(決まったわけではないですが)、人それぞれの価値観だよね。

 

で、何が言いたいのかというと、私は世界中を旅したいのに、見逃して死ぬのは嫌なんですよ絶対

 

その事に、実はあんまり気づけてなかった気がする。

 

旅行はお金がなくなるだけだから、なるべく控えようと思ってたんですね。

 

なるべく控えようと思った結果が上の渡航記録なんですけどこれでも(笑)

でも、そんな我慢しても意味あるのかなと思う。

 

だって世の中、いつ戦争が起こって地球が滅亡しかねないのに、そんなときに一番見たかったものが見れなくなるかもしれないし、ISISにみたいな何かが私の見たいものをどんどん壊してゆくかもしれないじゃないですか。

行けるときになるべく行った方がいいんですよ。

 

それが結果、私がこの先路頭に迷うことがあってもしょうがない気がする

というか、将来的に情勢が悪化するとか、旅先で死ぬかも知れないし、そもそもこれから先の価値観自体が崩壊した場合に、今までと全く違うビジネスが生き残る可能性だってなくはないし、ニートの方がめっちゃ崇められる世の中になりかねないわけだから心配しても無駄な気がします。

 

これから先は今以上に旅行をしたいと思っています。

「いつか行きたい悲願」であるエルサレムとかも、別にツアーで普通に行けそうだし。

 

大したことではないのです。旅行なんて。