映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【2017年4月】NHK BSシネマで放送予定・絶対に見逃せない映画8本

今月も様々な映画を放送してくれますBSプレミアム

それでは今月、絶対に見逃してはならない映画を紹介していきます!!

f:id:nitari-movies:20170403173902j:plain

 2017年4月放送予定の必見映画まとめ

4/5 愛と哀しみの果て(1985)

監督 シドニー・ポラック
出演 ロバート・レッドフォード、メリル・ストリープ

20世紀初め、デンマーク人のカレンは、スウェーデン人貴族と結婚し、ケニアにやってくる。狩りに行ってしまった夫に代わって、コーヒー栽培事業に取り組むカレンは、教養ある冒険家で、孤独に、自由に生きるイギリス人・デニスにひかれていくが…。デンマークを代表する女性作家ディネーセンの自伝的小説をもとに映画化。アフリカの雄大で美しい映像と2大スターの名演技で、アカデミー作品賞など7部門を受賞した名作。

アカデミー賞7部門受賞したということで必見ではありますが、わたしまだ実は観てませんのでこの度、鑑賞してみようと思います。メリルが出ているということはとりあえず観てみなければなるまい。

 

4/6 ランブルフィッシュ(1983)

監督 フランシス・フォード・コッポラ
出演 マット・ディロン、ミッキー・ローク、ダイアン・レイン

不良高校生のラスティ・ジェームズは、ビリヤード場にたむろし、けんかばかりしていたが、その兄で、誰からも一目置かれ、カリスマ的な存在だったバイクボーイが戻ってくる。しかし、悟りを開いたかのように人が変わってしまった兄に、ラスティは戸惑う…。巨匠フランシス・フォード・コッポラ監督が、実験的でユニークな映像表現を駆使し、兄と弟の絆と相克、若者たちの心象をモノクロ画面に繊細にうつし出した名作。

コッポラの隠れた名作として有名ではありますが、未見です。
あんまり題材や時代背景にあまり惹かれるものが、私個人としてはないのですが、とりあえず観てみるべきでしょう。

 

4/8 ブルース・ブラザーズ(1980)

監督 ジョン・ランディス
出演 ジョン・ベルーシ、ダン・エクロイド、キャリー・フィッシャー

刑務所から出所したジェイクとエルウッドは、子供の頃に世話になった孤児院を救うため、かつて結成していたバンドを再結成してひと稼ぎすることを思いつく。昔の仲間を集め演奏活動に乗りだすが…。黒いスーツの2人が巻き起こす大騒動を、歌とダンス、笑いとアクションで描くミュージカル・コメディー。アレサ・フランクリン、キャブ・キャロウェイ、ジョン・リー・フッカーまで登場する豪華ミュージシャンの共演にも注目。

この映画は四の五の言わずに絶対にみなければならんやつです。あまりにも面白い。面白すぎる。別にブルースやR&Bに興味がない方でも絶対にみなければなりません。
ちなみに翌週「ブルース・ブラザーズ2000」も放送されますが、こちらは別に必見ということでもありません。

 

4/12 ワイルドバンチ(1969)

監督 サム・ペキンパー
出演 ウィリアム・ホールデン、アーネスト・ボーグナイン、ロバート・ライアン、ウォーレン・オーツ

パイクをリーダーとする、ならず者たち“ワイルドバンチ”は、銀行襲撃に失敗、鉄道会社の追っ手から逃れ、国境を渡り、メキシコのマパッチ将軍の依頼で、アメリカ軍の武器強奪に成功する。しかし、仲間のエンジェルがマパッチに捕らえられ、なぶり者に…。怒りに燃えるパイクたちは、わずか4人で、マパッチの軍隊に立ち向かうが…。圧倒的なスケールとバイオレンス描写で、サム・ペキンパー監督の評価を決定づけた傑作西部劇。

今月、NHKは西部劇強化月間なのでしょうか? 私はあんまり西部劇には興味がないのですが困ったものです。
しかしペキンパーの「ワイルドバンチ」は西部劇ファンに限らずとも絶対にみなければいけないやつでしょう。とはいっても私は見たかどうか忘れました。ずいぶん昔にペキンパーいくつか観ているはずで、多分その時みてます。

 

4/13 砂漠の流れ者(1970)

監督 サム・ペキンパー
出演 ジェイソン・ロバーズ、ステラ・スティーブンス

仲間に裏切られ、砂漠に置き去りにされたケーブル・ホーグ。さまよい、死を覚悟した時、奇跡的にも水を掘りあてたホーグは、駅馬車の休憩所をつくり、復しゅうの機会を待つことにするが…。西部開拓時代のたそがれに生きる男のおかしくもかなしい物語。独特のバイオレンス描写で知られたサム・ペキンパー監督が、自分を曲げない男と可れんなしょう婦との純愛を、ユーモアを交えて描き、消えゆく時代への哀感を歌いあげた感動作。

今月はペキンパー強化月間なのでしょうか。この作品は確実に観てないので観ようと思います。ペキンパーと言えば強烈な印象だったのは「ガルシアの首」です。余りにも必見。史上最も車がボコボコになった作品第二位です。ちなみに第1位は、上記の「ブルース・ブラザーズ」です。

 

4/17 わが青春に悔なし(1946)

監督 黒澤明
出演 原節子、藤田進、大河内傳次郎、杉村春子、三好栄子、河野秋武、志村喬 ほか

京大の滝川事件やゾルゲ事件をモチーフに、黒澤明監督が、学生運動の弾圧で獄死した恋人の遺志をついで社会意識にめざめるブルジョワ令嬢の革新的な熱情を描いた戦後第1作。学生たちの憧れの的である大学教授の美しい娘・幸枝は貧しい農家出身の反戦運動家・野毛と結ばれるが、野毛は戦争妨害を指導した非国民として逮捕される…。黒澤作品に初めて出演した原節子が、自らの信念に生き、帝国主義に立ち向かうヒロインを熱演。

名作と言われていますが、私は観ていないのでこの機に鑑賞しようと思います。黒澤明はものすごく好きというわけでは、今のところありません。ちょっと研究が足りないのかも知れません。

 

4/24 プロジェクトA(1983)

監督 ジャッキー・チェン
出演 ジャッキー・チェン、ユン・ピョウ、サモ・ハン・キンポー

20世紀初頭の香港。ロンが所属する水上警察は、海賊撃滅作戦を命じられるが、戦艦を爆破されてしまい、陸上警察に併合される。そこにいたのはロンのライバル、チー隊長だった。初めはいがみ合ってばかりの2人だったが、やがて海賊退治を通じて友情が芽生える。さらにロンの友人フェイも加わり、一行は敵のアジトへと乗り込むが…。ジャッキーの代表作のひとつで、日本では“主演10周年記念作”として宣伝され大ヒットした。

ジャッキーの数知れない作品群の中でも代表作とされている印象。私はあんまりジャッキー映画は見てないですが、これはすごく面白かったのでたいへんオススメ。4/26の「スパルタンX」と共にとりあえず押さえたいところです。

 

4/29 最前線物語(1980)

監督 サミュエル・フラー
出演 リー・マービン、マーク・ハミル、ロバート・キャラダイン ほか

1918年、終戦を知らずに敵兵を射殺した体験を持つ軍曹がいた。そして第2次大戦中の1942年、激戦の北アフリカで、彼は4人の若い兵士を含む狙撃兵分隊を指揮していた。戦場で恐れおののく新兵たちに、“生き残ること”を諭す軍曹。やがてシチリア、そしてノルマンディー上陸作戦と、彼らは戦地を渡り歩いていく…。サミュエル・フラー監督が自身の戦争体験をもとに、兵士たちの絆と成長を鮮烈に描いた傑作戦争ドラマ。

戦争映画が好きですが、この作品はものすごく新しい視点で描いた作品で大変優れたものです。あんまり有名じゃないかも知れないけどこれは本当にオススメ。作品としては非常に淡々としているんだけど、かなり面白いですよ。「スター・ウォーズ」のマーク・ハミルがフォース抜きで好演しています。

 

その他、個人的に観たい作品

4/17 ロード・オブ・ドッグタウン

売れた作品だし、ヒース・レジャーが出ているのでチェック。

4/18 山の音

監督が成瀬巳喜男ということで、チェックしてみます。主演は原節子。

4/20 麦秋

これなんて読むんだろ?小津×原節子ということでチェックします。

4/24 アフター・アース

シャマラン監督とは知らずに見逃してた。シャマランは好きです。

 

番外編:

4/27 箱入り息子の恋

今をときめく星野源の初主演作。星野源にハマってすぐ観ましたが、作品として別にすごい面白いっていうこともないです。お知らせまで。

まとめ

以上の作品群が必見になりますけど、多い。とにかく、見たい作品が多すぎる。
NHK素晴らしいけど、時間があまりにも足りなくてやばい感じです。

www.nhk.or.jp