映画みなくても死なないよ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【おおかみこどもの雨と雪】ネタバレ感想:叩かれる理由と褒めたいところ

少し前に見ていた作品なんだけど、今日の放送で改めてもう一度見ました。

細田守の作品は少ないので、「時かけ」以下はすべて観ています。

すごく分かりやすいけど、いくつかのテーマがある

田舎生活を甘く見るな!!っていう人がいるみたいだけど……

この映画が放映されるってことで感想を書こうと思って、今日の昼間にストーリーとかを復習してたんですよ。

そしたら、Amazonレビューで結構さんざん叩かれたりしてて。

賛否両論っていうんですかね。嫌いな人はすごく嫌いみたいで、意外でして。別に私はこの映画にものすごく感動したわけではないけど、そんなに嫌な感じもしなかったというか。まあ、正直あんまり印象に残らなかったのでBlu-rayにダビングもしなかったんですけど。

怒ってる人っていうのは、なんかもうとにかく花が偽善的で嫌!とか、リアリティがないとか、田舎を甘く見ているとか、結構そんな感じでした。

私自身、すごく偽善的なものや田舎を夢見る系のよくある話は嫌いなんですけど、この映画の場合あんまりそこまでそういう感じはしなかったですね。

私は、花ちゃんたちが暮らしていた田舎と同じくらいの過疎の村で育ちましたけど、まあ別にあんな感じだよなって思いました。

「田舎の生活を甘く見ている」って言っている人は、「田舎」「農家」をはき違えているんじゃないですかね?

田舎で多少自分で食べれるように農作物を作ったりするのはそこまで不可能じゃないと思いますよ……私も作ってた人間だけど。

もしこれが、農業しようと思って田舎に来る都会人だったら「なめんな」って思うけど。

まあ確かに多少ジブリっぽくはある

この映画の様子にものすごく激怒している人がいて意外だったんですよね。私も封建的な人ってすっごく敏感に気が付く方ですけど、この映画の花ちゃんは別にそんなに「男の作った理想の女性像・母親像」って感じでもないと思いますけど。

っていうか、そもそもそんなに花ちゃんの成長は描いていない気がする。

別に否定的な意見があってもいいと思うんですけど、やっぱりかなり意外だったもんで、単純に「なんでだろ?」って思っちゃいました。ふつーにいかにも人気ありそうだと思ったんで。

この映画は基本的にかなりジブリアニメに(特にトトロ)影響を受けているところがありますね。一部から徹底的に嫌われる理由っていったら、そこかなあ?って思ってしまいました。

私がすごく気に入ったテーマは「マイノリティ」

この映画は基本的には「シングルマザーの奮闘」だったり、「子の巣立ち」だったり、分かりやすいテーマがありますけど、私が気に入ったテーマというのは、「子どもがマイノリティとして生きてゆく」という、自我に目覚めてゆくところです。

雨くんも雪ちゃんもなんだけど、成長してゆくうえで自分の「マイノリティ」の部分に気づいてきます。雪は「人間なのにおおかみになってしまうところ」で、雨は「おおかみなのに人間として生きていること」です。

これは一見すると単なるファンタジーだけど、少数派の自分とどう向き合うか、というテーマになっていると思います。私はこういう話はすごくいいと思う。

そして結局子供たちは自分のしたいように生きていくわけです。

まあ結果はともかく、マイノリティでもいいんだと思わせてくれる話はとても観ていて安心感が持てます。私が小さい頃すごく異端児で大変な苦労をしたので、子どもを扱ってこういうテーマの作品を描けるのはいいなあ、と単純に思いました。

初めは天真爛漫な雪ちゃんが、自分が社会の中では異端児でだんだん大人しく、人間らしくなってゆくところは面白いな、と思ったし、自分みたいだなと思いました、

私の場合は、どっちかっていうと雨みたいな性格で人になじまないのに、雪ちゃんみたいに自分を押し殺して社会になじもうとしていたのかなーって思います。

昨今はLGBTの問題などにも目を向けられていますが、そういう「少数派」なだけで普通のこどもがこの映画を観たときに、おおかみこどもだって元気に生きてるんだから自分も大丈夫だって思えたらすごくいいことだよね。

いかんせん、最後はちと長い

しかしながら面白いのはこどもたちが取っ組み合いのけんかをしたところまでで、嵐が来るシーンではすでに結論が概ね読めていますからあんまりおもしろくはないです。

その割にちと長い。しつこい(笑)

だからまあ、こないだ初めて見たときは、案外お腹いっぱいになっちゃったんですよね。

それでも結構面白い作品だな、とやっぱり思いました。

作品としては細田守はやっぱり時かけが面白いと思うけど、この作品はそれはそれで好きだと思います。

NITARI的「おおかみこどもの雨と雪」総括

 

 

可愛くて楽しいだけじゃない、とっても大切なことを教えてくれている、それを見逃したくはないな。

 

 

 同カテゴリー記事:

www.nitari-movies.com