映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

ローマの交通事情が、ある程度悪質だと言わざるを得ない件

イタリア滞在でそもそも私が一番したかった事の一つとは? - 映画みなくても死なないよ。

の続きです。

初の市場での買い物に興奮し大量に買ったはいいものの、最初に作ったパスタは残念なお味。

「前日到着したときに迷子になってしまったので、今度は別の方法でこのアパートに来てみよう」と思って、外に出てみたわけ。

 

 

初日からローマを足で歩きまくって失敗した話 

ここでローマ市内の地図をざっとご覧ください

 

f:id:nitari-movies:20170611225607j:plain

 

上方に「最寄り駅」というのがありますけど、これはメトロの最寄り駅(フラミニオ駅)のことで、何度も書いている通り、ここから2番のトラムに5分くらい乗ったところが最寄になります。

 

何となく有名な観光スポットも書いてみました。

そして左下に目盛りも書いてみたんですけど、まあ適当です。

 

で、はじめの予定としては「最寄り駅」ってなってるフラミニオ駅からメトロで直接中央駅のテルミニ駅に行こうと思ったんですね。そして、バスで帰ってきてみよう、と。

しかし、いざトラムで最寄り駅のフラミニオ駅に着いたら、そこはもう完全なる見どころの一端でして。

 

こーんな門構えで市内へ手をこまねいているわけですよ。

 

 

f:id:nitari-movies:20170611230337j:plain

 

さあっ来てみろっ でーん!!!

とね。

 

そしたら行かないわけにいかないでしょ。

この門をくぐったところは「ポポロ広場」っていう、やっぱりこれも観光の名所です。
だけど実は私、一度も行ったことがなかったんですよね。

 

というわけで、初めて行ってみました。

 

f:id:nitari-movies:20170611230535j:plain

 

トム・ハンクス主演の「天使と悪魔」という映画で重要な場所になってました。
まあ映画は別に面白くなかったけども。

 

ちなみに映画レビュー↓

ネタバレ感想【トム・ハンクス:天使と悪魔】びっくりするほどどうでもいい映画。 - 映画みなくても死なないよ。

 

まあここにたどり着いちゃったら、もうこの先に大好きなアレがあることはわかっていますからね。

「歩いちゃお~」ということになったのが大きな間違いだった……

 

ローマは狭いようで広い。ということはわかっていたのに 

 

さて、この一帯というのは、ショッピング街になっていまして、ZARA等の人気のファストファッションからハイブランドまでなんでもそろっている感じの場所です。

非常に暑くて喉が渇いたので、ジェラートを食べました。

 

f:id:nitari-movies:20170611231042j:plain

 

レモン味と、マンゴー味と、ピスタチオ。

私はほんっとにピスタチオのジェラートが大好きなんですよね~
たまに甘すぎて食べれないのもあるけど、これはおいしかった。

 

それよりも、このジェラートを買ったお店の男が軽い男で、「かわいいね~」とかいろいろ言ってきて、最後には追いかけて来て「キスして~(日本語で)」とか言ってきたのはめんどくさかった。

観光地のイタリアではたまにこういうのありますよね。
日本人は若く見られるのでね……

 

で、そんな感じでブラブラ歩いていると、おもむろに出てきましたよ、大好きなアレが!!(といっても、場所知ってたけど)

 

 

f:id:nitari-movies:20170611231802j:plain

 

パンテオーン!!!

 

これ紀元前からあるんですよ(増設はされてるけど)。

何度見ても信じられなーい!!

 

と言いながら、案外さらっと通り過ぎてゆきました。

また今度来よ。

 

今朝がた市場で買い忘れたものとか、そもそも売ってないものとかが欲しくて、大型のスーパーがあったよなあ、なんて思ったんですね。

で、まあパンテオンの近くからバスで中央駅に行って、それからスーパーまで行ってもいいかなと思ったりしたんですけど、ここまで来たんだったら大好きな別のアレを見たい、と思いまして。

歩くこと15分ほど。

 

大好きなアレ!!!

フォーリ・インペリアーリ~!!!!!

 

f:id:nitari-movies:20170611232700j:plain

 

ああー!!血沸き肉踊りますなあ!!!!

 

でそこの脇道を入ってまた20分ほど歩いたところに割と大きいスーパーがあって、いろいろと買い物をしました。

で、何が大変だったといえば、私はそもそもあんまり歩かない予定でこの散歩に出てしまったわけですね。

 

だから靴がね、つっかけのバレエシューズだったんですね。

とてもじゃないけど、2、3時間も石畳を歩く用の靴じゃないわけ。
そもそも日本のアスファルトでもそんなに歩けない靴なのに。

だから途中で足が本当に痛くなってしまって大変だった。

 

ほんとイタリアってトラブルの宝庫ですよね←この場合イタリアは関係ない

 

スーパーでほしいものはおおむね買えたんだけど、例によってナイフを買いたいと思っていた私はびっくりしたんですけど、ナイフとか包丁が全然売ってないんですね。

調理器具はあるんだけど、そこにない。

で、それってなにもこのスーパーだけじゃなくて、ほかのスーパーも観たけどほとんどなかったですね(少しはあったけど)。

もちろん、調理器具専門店にはありましたよ。
でも、包丁って料理にとってはある意味、命みたいなもんなのにね~。

 

売れないというか、刃物の扱いが日本とは違うのかな?とも思いました。

 

さて、結局私が中央駅に着いたのは家を出てから2時間後!!!

ルートはこうなっております。

 

f:id:nitari-movies:20170611233308j:plain

 

若干の歩きすぎ感。

 

乗ったら最後、降りれない。ローマ市内バスの乗り方

 

で、まあようやくバス停にたどり着いたんですけどね。

これがまたなかなかバスが来ない。

 

「910番」のバスってほとんどないんじゃないですかね。

(後で調べたら、1時間に4~5本はあるんだけど、ラッシュ時だったからなかなか来なかったようだ)

 

それにしても今までローマでバスにそれほど乗ったことがなかったですけど、信じられないほどわかりづらいです。

 

 

まず、このような看板がローマにはいたるところにあります。

これが立ってるところがバス停です。

 

f:id:nitari-movies:20170611233853j:plain

 

ドーム型の黄色い、一番目立つボードに書いてあるのが「停留所名」です。

この場合は、「GUIDUBALDO DEL MONTE」が停留所名ですね。
で、その下に番号がたくさん書いてあって、縦にたくさん名詞が並んでるんですけど、これが「何番はどこの停留所に行くよ」という案内です。

だから行きたい停留所さえ分かっていれば、その名前が書いてある番号のバスを、待てばいいんですね。

そこまでは非常に簡単です。

 

ちなみに、大きな停留所とかになると、こんな電光掲示板があります。

 

f:id:nitari-movies:20170611234442j:plain

 

「85番はあと10分で来るよ~」
みたいなことが書かれてます。

ただ、どの程度の信ぴょう性なのかは今だ謎です。

 

で、まあ、乗るところまではそんなに難しくないんですね。

切符はメトロの切符と同じのでいいし。

 

問題は、降りる場所です。

 

そもそも、バスの中には電光掲示板的なものもなければ、運転手のアナウンスもありません。

各々が自分の判断で停留所を見極めなきゃいけないんですね。

だからもう、本当に難しい。

 

日本のように、停留所の看板の前に止まってくれるとは限らないですよ。

ちょっと通り過ぎてから止まる場合も多いです。

だから車内から停留所名を確認できる保証はありません。
現地の人でも結構一生懸命看板を見てました。

 

で、途中で気づいて私、車内の一番前に立つようにしたんですね。

正面から次のバス停がわかるじゃないですか。
で、旨く立って前方を凝視してたんですけどね、

 

したら、こんな感じの通りがあって

 

 

f:id:nitari-movies:20170611235357j:plain

 

 

まっっっったく見えん。

 

 

正面からでも見えん。

これでどうやって判断しろと??wwww

 

ちなみに、小さく矢印→を書いた、立っている女性はこのバスに乗るためにそこに立っています。

気づかれなかったら通り過ぎちゃうからアピールしないといけないんですね。

 

もう私、かなり必死でした……

 

結局私の降りるバス停は割と視界が良好だったのですんなりいきましたけど。

それにしてもこの区画の親の仇のように咲き乱れた花は一体なんなんでしょうね。。

 

ローマでバスに乗る場合は注意が必要な件 

 

ということで、バスに乗るのは一筋縄ではいかないよ、という話。

まあ、今回はローカルバス停行きだったからっていうのは十分にあります。
短期の旅行者だとテルミニ駅行きとかも多いので、そうすると話は全然別で、まあ割とわかりやすかったり、いろんな人が使うので安心といえば安心かな。

 

ローマはそれなりに広い都市ですけど、いろんな都市に行ったことのある私が比べても最も交通の便が発達していない一つですね。

まず、本当にメトロが少ない

 

でもこれには理由があって、メトロを掘ろうとすると古代ローマの遺跡が出てきちゃうらしいんですね(笑)

 だから闇雲に掘れないらしいんですよ。

 

だからバスは非常に量が多いです。
観光名所ばっかりつながってるバスもあるのでまずまず使えます。

ただ、まあ降りる場所はやっぱりかなりわかりづらいですよね。

 

でも別に気を付けていれば、何の問題もないのだ

 

そんな感じで「ローマの交通事情の悪質さ」について書いてきました。

ただ、この旅ですでに思っていることなんだけど、全然別にそんな適当な感じでもいいよなーって最近は思ってます。

交通事情だけじゃなくて、日本の便利さってちょっと怖いな、と。

 

あと、ローマの交通事情は確かに悪質だけど、東京のほうがさらに悪質だと思うので、五輪までにはなんとかなるといいですね。

 

つづく(2017.6.8)

続きはこちら

www.nitari-movies.com