映画みなくても死なないよ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画みなくても死なないよ。

映画と本と芸術と旅。好き勝手やってます。

【D・フィンチャー:ゾディアック】ネタバレ感想:最高に面白いと思えない人は変だ。

“ゾディアック”と名乗る連続殺人犯と、その事件の解決に挑む者たち。「殺人」と「真実の究明」という全く逆の立場にいる人間たちが、謎が謎を呼ぶ事件を巡り、次第にその運命を狂わされていく・・・

 Amazon説明文より

 

 【ネタバレします】

 

実話が元になっています。

 

この作品をミステリーだと思ってみてしまうと、最後まで見て肩透かしを食らうかもしれません。
というのは、結局犯人が誰なのかが分からないから

 

この作品は、作品説明を見ても分かるように、「結局犯人は誰なのか」ということをテーマにしているというよりは、この事件に関わる人たちが徐々に取りつかれたようになり、人生が狂わされていく、という話です。

 

この作品、2時間43分という長さ。
長いんです。とにかく。

 

というのは、監督のフィンチャーがこの作品の登場人物たちと同じように、我々観客をもその事件の捜査の長さを感じさせ疲弊させるという意図があるようです。

それでこの尺になっています。


しかも、この時間を使ってドンパチやっているわけではなくて、基本的にはすげー地味なことが起こっているだけ。
とにかく淡々としているんですね。


でもねー、本当にこれが面白いんですよ。

 

確かに疲れることは疲れるんだけど、面白いです。
私は最後に犯人が分からなかったことも含めて素晴らしい作品だと思います。


この作品ではとにかくジェイク・ギレンホールマーク・ラファロが素晴らしいです。

 

マーク・ラファロは別に顔は全然かっこよくないのに素敵。素晴らしい名優。
昨年、「スポットライト 世紀のスクープ」では情熱的な新聞記者の役を演じましたが、とにかくうまいです。

 

ジェイクはそもそも昔から好きです。かわいいし。←


フィンチャーはサスペンスの描き方が徹底的に上手いです。
この作品は全体を通して非常に淡々としていますが、すごい緊張感。

 

赤ちゃんを連れて車を運転している女性の行などは、派手な演出は何もないのに肩に力が入るほど緊張するし、ジェイクが地下室のある家にインタビューに行くシーンなどは、ほとんどホラーです。
とにかく、演出が決定的に上手い


ヒッチコックはかつて、「サプライズ」ではなく「サスペンス」が重要だ、と言っていましたが、まさにそんな感じです。

 

フィンチャーは今一番私が注目している演出家です。間違いなく面白いしとにかくセンスがいい
近作ではベン・アフレックが主演で「ゴーン・ガール」がありましたが傑作でした。

 

「ゾディアック」は狙いとはいえ冗長で、誰にでも受け入れられる作品ではないかも知れませんが「ゴーン・ガール」は誰が見ても面白いと思います。
そちらも併せてオススメします。

マーク・ラファロおすすめ

www.nitari-movies.com